スポンサーサイト

2018.02.02 Friday

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    スマイル・ボックスって・・??

    2018.02.02 Friday

    0

      会長あいさつ(2月1日例会)
      皆様こんにちは、

      本日は、スマイル・ボックス (Smile Box)についてお話させていただきます。

      その名の通り、会員、ご家族、事業等でのお祝い事を

      ニコニコしながら披露し、喜びを分かち合うものです。

      なにか失敗したり、迷惑をかけたときも苦笑しつつ、

      ぜひユーモアで例会を賑わせてください。
      スマイルボックスは、1924年にシカゴロータリークラブからはじまりました。

      シカゴロータリークラブには、

      Civic Committee(公共問題担当委員会)という組織があり、

      理事会の承認を得て、クラブで行う社会奉仕事業を決定し、

      予算を立てて会費の他に会員から強制的に資金を集めていました。

      1919年、シカゴで残虐な青年の殺人事件が起こり、

      それでは健全な青少年を育成するために

      100万ドルの募金をしようと CivicCommittee が提唱しました。

      ところがロータリアンはこれに抵抗しました。

      「ロータリー運動の原点は、善良な職業人が親睦のうちに切磋琢磨、

      自己研鑽して奉仕の心を育て、世のため人のために行動すること。

      お金をいくら出さなければ、ということではない」と。

      そこで、例会場の四隅に箱を置き、記念すべきことがあったら、

      その箱にお金を入れてもらうことになったそうです。

      日本で最初にスマイルボックスを設置したのは、

      大阪ロータリークラブで、1936年のことです。
      スマイルこそ善意の表現で、スマイルこそロータリーを象徴するものです。

      強制されるものではありませんが、クラブでは、

      ある程度心積もりの額を予算(特別会計)に組んでいます。

      このお金は社会奉仕などのクラブ事業として必要だからです。

      しばらくスマイルをしていない方、

      スマイルをいつしたらわからないという方も、

      ぜひ、お気持ちの範囲内でご協力いただき、

      楽しいスマイル報告の時間を過ごしたいと思います。

      どうぞよろしくお願いいたします。
       

      スポンサーサイト

      2018.02.02 Friday

      0
        関連する記事
        コメント
        コメントする